センター職員さんの苦しい胸の内😿

いつもペットシッター「サポート」をご利用いただき、また、つたないブログにお付き合いいただきありがとうございます😭


今回は、ヤフーニュースさんに取り上げられた、滋賀県動物保護管理センター職員さんへのインタビュー記事をご案内します🎤

センター職員さんの中には、動物行政に携わる仕事柄、獣医師さんがおられます🩺

獣医師さんになろうと志した理由の中でも大きな割合を占めるのが「動物が好きだから」という、偽りのない真っすぐな思いではないでしょうか❓

それなのに、お仕事とはいえ動物を救うためではなく殺処分のために注射器を手にしておられます💉

そんな葛藤を抱えながらもお仕事に真摯に向き合っておられる職員さん方を思うと、迎えた動物の命を簡単に手放し、センターへ持ち込むようなことはできないと思うのですが…😟


センターへ持ち込まれた命を全頭救うことはできません😥 助かる可能性はわずかですし、収容数にも限界があります🐕🐈 収容されても、引き取り手が見つかるまでは温かいご家庭のように1頭1頭にあったお世話はなかなかできません😔 簡単に持ち込む方、繰り返し持ち込む方は断れるように法律が改正されましたが「引き取らないと山に放す」等、脅しのような言葉を吐き捨てる方もいるそうです😱

持ち込むってことは、自分のペットを他人に「いらなくなったから処分して❗ あなたの手で殺して❗」って言ってるようなもんです💦 …ホント、自分勝手で無責任ですよね😠


記事をご覧になっていただき、一緒に暮らすご自分のペットのことも、これから迎えようかと思ってる方も、今一度、最期の時までちゃんと一緒にいられるか、よくお考えいただけましたら幸いです✨



https://news.yahoo.co.jp/articles/90320c23e9e443a741a5a23af06b7e6e3daf01b2?page=1

最新記事

すべて表示

いつもペットシッター「サポート」をご利用いただき、また、つたないブログにお付き合いいただき、ありがとうございます😭 今回は、環境省からのお知らせです🍓 法改正により、令和4年6月1日以降に犬猫に装着されたマイクロチップは「犬と猫のマイクロチップ情報登録」という環境省のデータベースに登録されることになります🐕🐈 現在、すでにマイクロチップを装着し、各民間団体(対象は5団体、対象外機関へ登録済